Top > 健康 > 子供の脳の発達の不思議

子供の脳の発達の不思議

眠ることで嫌なことや不安を忘れられたり、ストレスをなくすためにも大切な働きがあります。

 

子供にとっては、それと共に脳の発達に関しても大きく関係してきます。だからこそ、よく眠ることというのは、発達途上の子供の脳を完成させる目的でもカギなのです。もし睡眠障害が長く続くと、脳があるべきところまで成長できないという事態にさえつながります。

いつもナーバスだったり、ちょっとしたことでキレる子が急増しているとも言われています。その背景としてストレスもあるとは思いますが、日頃の食習慣、とりわけ白砂糖の摂取の多さともつながりがあります。

糖類の摂りすぎが低血糖の諸症状をまねきます。

 

 

砂糖を含む食品は血糖値を一気に上昇させます。その抑制をするためにインスリンというホルモンが体内にたくさん放出され低血糖からくる神経症状が現れます。

 

野菜類の栄養の代表といえるビタミン類には、ほかの栄養素が働きやすい環境をつくる、体内の生理現象を調整するなどの重要な役割があります。全身の細胞を元気にし、病気への抵抗力を高めるのになくてはならない栄養なのです。

パセリや大根などの野菜だったりオレンジやイチゴなどの果物から摂れるビタミンは白血球の力による免疫力を向上させることで知られています。

 

お子さんが飲み物を欲する時は、ジュース類や麦茶ではなく水を飲ませるほうが優れています。

 

余計な物質が含有されていないので、体への浸透がスムーズなのです。中でも朝起きてから1杯程度の水を飲むようにすれば、胃袋を目覚めせることにつながり胃腸は懸命に働き始めます。食欲が出てきますし、冷えた飲料水の影響でパッチリと目が覚めることでしょう。

 

 

子供の脳の発達については幼稚園の年少ぐらいで大人の8割以上にも大きくなります。あとは与えられた刺激によって向上していき、まるで筋力をアップさせるためにトレーニングする時と同じように知能に刺激を与えることによってステージが上がっていきます。

特にカルシウム・ビタミンB1などの成分は脳機能にとって必須の栄養分です。

また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にする作用があるのでしっかり摂取したいところです。お子さんの身体を育てるのが食べ物です。

 

フードのパワーというのは、薬を超えたものになることがあります。子供が日ごろ何を食べているかが成長を左右する要因となることがあります。

 

 

周囲にいる親を含めた大人たちがその事の重大さを認識しておかなくてはなりません。

 

食物は体の免疫力アップにも大きく役立ちますし、頭の発達にも深く関係します。体の中には多くの水分が血液や体液として蓄えられ、重要な役目をしています。ほんの少量の水でも効果はすごく、大腸の蠕動運動を活性化してスッキリに役立ったり、美肌効果があったり、食前の飲用が消化を促進したり、汗をかくことや尿を出すことを促進して毒素や老廃物の排出に貢献しています。

さらに疲労がたまったときやイラついた時にもそれに対する鎮静作用もあります。

 

 

 

幼児の時は生活リズムをきちんとつくりましょう。遅い時間に寝ると、朝も遅く起きるようになってくるので、生活のリズムもずれていきます。それにより、自律神経のバランスも狂って、成育するにつれて、カラダや心の調子を悪くする事態にさえなります。

 

 

 

2~3歳児のベストの睡眠時間は、午後20時~午前6時ごろまでの10時間の睡眠です。こうした生活のリズムが3歳ごろまでに出来上がると理想ですね。子供の青汁は人気が沸騰中

 

 

健康

関連エントリー
聴力の老化をきちんと認識できない理由子供の脳の発達の不思議